製造物責任(PL)は今や消費者や製品使用者を保護するための法理として多くの国で共通の認識となっています。このコラムでは、世界各国におけるPL法理の発展ならびに立法化の歴史を振り返るとともに、諸外国におけるPLの運用について解説します。製造物・製品は私たちの生活を便利にする一方で、利用者に損害を与えるリスクが潜在しています。
このコラムをPLリスク低減にお役立ていただければ幸いです。

ライター
出﨑 克

出﨑 克

特定非営利活動法人セフティマネジメント協会 理事長
危機管理システム研究学会会員
一般社団法人PL研究学会会員

コラム一覧